【シャドウバース】ひとりでも楽しめる!ソロでできることまとめ

シャドウバースは対戦がメインというイメージが強いですよね。

カードゲームですからね、当然といえば当然ですが…

マッチプレイはちょっと怖い…。
ひとりでものんびり遊べないかな…。

今回はそう思われている方に、ひとりでも楽しめる内容をまとめました。

SPONSORED LINK

はじめに

シャドウバースには対戦だけではなく、ひとりでも楽しめるモードがいくつか用意されています。

その中心のとなるのがこちら。

ソロプレイ・メニュー

「ソロプレイ」。
読んで字のごとし、ですね。

「ソロプレイ」には2つのモードがあります。
順に見ていきましょう。

メインストーリー

リーダーセレクト画面

ストーリーを開始するには、まず7人のリーダーを選択する必要があります。

好みのリーダーで始めてみましょう。

ストーリーのオープニング

シャドウバースの物語のカギとなっている「災いの樹」を中心に7人のリーダーたちの物語が展開します。

「災いの樹」とはいったい何なのか?
どうして現れたのか?
多くは謎に包まれています。

チャプターセレクト画面

物語は章立てになっていて、カードバトルに勝利することで物語が進む形になっています。

各章をクリアすると、さまざまな報酬がもらえるのでスキルを磨きながら進めてみましょう。

フルボイスで表情豊かにキャラクターたちがやりとり

キャラクターそれぞれが、フルボイスで表情豊かにやりとり。
見ているだけでも楽しめます。

最初のチュートリアル

メインストーリーを開始することで、このゲームにおけるチュートリアルが始まるので、シャドウバースを始めたばかりの方はこちらで基本的な操作を身につけることができるでしょう。

豆知識

マップを見渡すことができる

ここでちょっとした豆知識。

右側にある青いボタンを押すことで、チャプター選択を解除できます。
すると、マップ全体を見渡すことができるようになります。

これでシャドウバースの世界を一望することができるんです!
この世界がどうなっているか、観察してみるのも面白いでしょう。

プラクティス

対戦相手選択

「プラクティス」。
こちらもその名の通り、練習ができます。

始めたばかりの方のちょっとした練習や、新しいデッキの試運転などにぴったりです。

難易度選択

CPU対戦相手の難易度を選択することが可能。

  • 初級
  • 中級
  • 上級
  • 超級

これに先日のバージョンアップにて「上級2」が追加されたました。

この「上級2」では、新しく追加されたカードパック「ダークネス・エボルヴ」を含むデッキでCPUが勝負を挑んできます。

自分にあった難易度を選択しましょう。

CPUも意外としゃべります。

CPUということで淡々としているかと思いきや、シャドウバースのCPUはそうではありません。

こちらからあいさつをすると、返してくれたり、劣勢になると愚痴をこぼしたり、と意外によくしゃべります。

CPUの方が実にたくさんのセリフをしゃべるので、プレイヤー側でも使えると嬉しいのですが…

カード

シャドウバースにおけるキモとなるモード、「カード」。

カードメニュー

シャドウバースにおける勝負はここからはじまると言っても過言ではありません。

手持ちのカードをじっくり観察して、勝利への可能性を探ってみましょう。

デッキ編成画面

デッキ編成画面

40枚1セットのカードのグループ「デッキ」を作成、変更できる画面です。

始めたばかりの方は、とりあえず「おまかせ編成」で組んでも問題ないでしょう。
そのあと、カードの仕組みが分かってきたら、情報サイトなどを参考に思い思いのデッキを組んでみることをおすすめします。

手持ちのデッキを眺めて戦略を考えているだけでも、いたずらに時間が過ぎていってしまいます。

SPONSORED LINK

カード一覧/生成画面

このゲームにおいて、もっとも重要な部分でもある「カード一覧/生成画面」。

カード一覧/生成画面

ここでは、不要なカードを「分解」したり、レッドエーテルを使用して新しくカードを「生成」したりすることができます。

カード生成画面

多くのゲームに存在する「ガチャ」は、引くまでそのキャラクターやユニットなどを使用することができません。

しかし、シャドウバースは必要なレッドエーテルさえあれば、所持していないカードでも「生成」することができます。
良い仕組みですね。

レアリティが高いカードほど、生成に必要なレッドエーテルが多くなります。
手持ちのレッドエーテルと相談して、カードをそろえていきましょう。

まとめ

以上、「ひとりでも楽しめる!ソロでできること」をまとめました。

ひとりでも楽しめるモードはたくさんあるので、じっくりプレイすることができそうですね。

もちろん、このゲームの1番の醍醐味は緊張感あふれる対戦にあります。

ソロプレイである程度ゲームに慣れてたら、オンラインマッチによる対戦に挑戦してみましょう。

きっと楽しいですよ。

まだプレイされていない方はこちらから

iOS版
Android版

それでは!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でユビピカをフォローしよう!

SPONSORED LINK

おすすめ人気&関連記事

SPONSORED LINK