【シャドウバース】初心者におすすめリーダーは誰?使用感と考察まとめ

シャドウバースを始めてみたんだけど、どのリーダーを使っていいのか分からない…

先日、そんな悩みを知人から打ち明けられました。

初めてのゲーム…

そして、初めてのトレーディングカードゲーム…

迷うのも無理はありません。

初心者のユビピカ視点で、どのリーダーを実際にプレイしてみてまとめてみました。

はじめに

かくいうユビピカも、シャドウバースを始めて間もない、ランクマッチB3のヒヨッコです。

そんな私がこれまでプレイしてみて、以下の基準でおすすめ度をつけてみました。

迷われている方の判断材料にしていただければ幸いです。

リーダーの性能

シャドウバースは、本格的なカードゲーム。
1ターンの1手のミスで勝敗が分かれてしまう、シビアな面があります。

この点から、どのような動きをしたら良いのか。
プレイスタイルが分かりやすい、明解なリーダーから始めてみると良いでしょう。

デッキ構築の難易度

初心者にとって、もっともレアリティの高いレジェンドカードが複数枚入っていることが前提のデッキなんて、まず組めません。

比較的、容易に構築できるデッキでも十分に戦えるリーダーであるか、この点もかなり重要になるでしょう。

それでは、各リーダーを順に見ていきましょう。

アリサ <エルフ>

アリサ <エルフ>

アリサ <エルフ>は、2枚以上のカードを場に出し、その組み合わせを駆使して戦うことを特徴としています。

1枚1枚のカードはパッと見るとあまり強くないように見えます。
が、他のカードと一緒に場に出す「コンボ」を用いて爆発的なダメージを出す事が可能なクラスです。

汎用性も非常に高く、使いこなすことができれば、かなりの実力を誇ります。

実際に使ってみた感想

アリサ <エルフ>

手札と場に出ているフェアリーのカードをしっかりと把握しながら戦う必要があるため、上級者向けといったところでしょう。

大量に手に入るフェアリーをうまく使って、相手のフォロワーを攻撃したり、リーダーに大ダメージを与えます。

実際にどのような動きをすれば、どのようなコンボを狙えるのか。
この点をあらかじめ練習しておかないと、ただフェアリーのカードを並べるだけで終わってしまいます。

手札と場、両方で勝利の形を目指すクラス
と言ったところでしょうか。

おすすめ度

【おすすめ度】
 ★★

プレイヤースキルがダイレクトに反映されるリーダーなので、腕に自信のある方は挑戦してみましょう。

エリカ <ロイヤル>

エリカ <ロイヤル>

ロイヤルは自身の場に兵士フォロワーを多数展開、展開した兵士フォロワーをさらに指揮官フォロワーで強化することで相手を攻めていくリーダー。

  1. 兵士を展開
  2. 指揮官で強化
  3. 攻撃

基本的にこの3ステップで完結するので、非常に明確。
初心者の方におすすめのリーダーです。

実際に使ってみた感想

エリカ <ロイヤル>

フォロワーを多く並べて物量で圧倒する戦い方が基本。

兵士と指揮官をうまく組み合わせて、盤面を制圧。
相手にプレッシャーを与えていきます。

また、「フェイスロイヤル」や「ミッドレンジロイヤル」など、扱いやすい上に強力なデッキをゴールドレアくらいまでのカードがあれば作れるのも魅力。

物量と攻撃速度で押し切るクラス
と言えるでしょう。

実に単純明解なので、手始めとしてはうってつけのクラスなのではないでしょうか。

おすすめ度

【おすすめ度】
 ★★★★★

兵士を展開して、指揮官で強化。
戦い方は実にシンプルで扱いやすく、初めての方におすすめです。

イザベル <ウィッチ>

イザベル <ウィッチ>

ウィッチは、場に展開するフォロワーではなく、スペルカードを駆使して戦うリーダーです。

必然的に他のリーダーに比べると、デッキに入っているフォロワーの数がとても少ないのが特徴です。

実際に使ってみた感想

イザベル <ウィッチ>

相手が場に出すフォロワーをスペルでうまく除去しながら、「次元の超越」など強力なスペルを発動する準備を整え、勝利へとつなげるクラスです。

クラスの性格上、終始受けに徹することが多く、相手の猛攻をいかに耐えきるかが重要になってきます。

やってみると、スペルブーストでカードを強化しながら、手札を循環させていくプレイスタイルがなかなか楽しいです。

スペルカードを駆使して相手をさばき、勝利を目指す手段を準備する。
カードゲームをやっている感覚がもっとも強いクラス
と言えるでしょう。

またウィッチをプレイできる環境を整えることも、初心者では少々難しいかもしれません。

おすすめ度

【おすすめ度】
 ★

「超越ウィッチ」など強力なデッキはありますが、プレイテクニックが必要なため、初心者にはやや不向きだと思われます。
ですが、カードゲームをやっている感覚を味わいたい方にはおすすめのクラスです。

ローウェン <ドラゴン>

ローウェン <ドラゴン>

ドラゴンは自身の「PP」をカードやフォロワーで増やし、高いコストのカードをいち早く場に出して戦うことができるクラス。

他のクラスに比べると、コストとステータスが高いカードが多いのが特徴です。

実際に使ってみた感想

ローウェン <ドラゴン>

序盤からカードを出し、中盤・後半で場を制圧していくのが基本的な戦い方になります。
ですので、扱い自体はさほど難しいクラスではありません。

ですが、カードパワーに依存する傾向のあるので、あまりカードがそろっていない場合はパワー不足を感じるかもしれません。

強力な一撃で相手を粉砕する、ハードパンチャーなクラス
と言えるでしょう。

戦い方の性格上、小回りが利かず、脇腹を突かれてしまうこともしばしば…

おすすめ度

【おすすめ度】
 ★★★★

細かいことは抜きにして、圧倒的パワーで相手を押しつぶしたい!
そんな、力でゴリ押しするデッキが好きな方におすすめのリーダーです。

ルナ <ネクロマンサー>

ルナ <ネクロマンサー>

自身のフォロワーが倒されたり、スペルを使うと墓場という数字が増えます。
その墓場を消費して発動する「ネクロマンス」という効果が特徴的なリーダーです。

ユビピカは現在、こちらをメインに使用しています。

ネクロマンスを消費することにより、自身のカードを強化したり、攻撃力を上げたり、多彩な動きができます。

実際に使ってみた感想

ルナ <ネクロマンサー>

ネクロマンサーは、墓地に蓄積された数値であるネクロマンスを消費して戦います。

基本的には、ロイヤルと同じく場にフォロワーを展開しながら、ネクロマンスで相手を追い詰めていくといった戦い方なので、分かりやすい部類のクラスと言えるでしょう。

様々な効果に変換できる、ネクロマンスの管理が勝利のカギ。
相手の意表を突く、トリッキーなクラス
と言えるでしょう。

おすすめ度

【おすすめ度】
 ★★★

カードはなかなか個性的で、攻守に優秀なカードが多いと思います。
柔軟なプレイができるので、相手によって動きかたを変えながらトリッキーに戦いたい方におすすめです。

ユリアス <ヴァンパイア>

ユリアス <ヴァンパイア>

ヴァンパイアは自身の体力を管理しながら戦う、特殊な性格を持つリーダーです。

体力が10以下になると、「復讐状態」となり、このときに強力な効果を付与されるフォロワーが多いのが特徴です。

実際に使ってみた感想

復讐状態をトリガーとして効果を発揮したり、コストが軽減されるカードが多くありますが、それを扱うにはまず復讐状態にならなければなりません。

相手からすれば、とても厄介なのですが、迂闊にこちらの体力を減らしてしまうと、挽回できずにそのまま倒されてしまうこともしばしば。

体力の管理が非常に重要になります。
扱いが非常に難しく上級者向けのリーダーです。

自分を追いやる、とてもドMでピーキーなクラス
と言えるでしょう。

全体除去を豊富に持つため、ある程度序盤戦を無視できるのはほかのクラスにはない強み。また、自傷も回復もこなせるのでライフ操作も得意な点も強さに拍車をかけている。

おすすめ度

【おすすめ度】
 ★

復讐状態は強力なのですが、慣れないとそのまま敗北に追いやられてしまいます。
相手の行動とこちらが切るカードを見極めるプレイが要求されるため、難度は高めでしょう。

イリス <ビショップ>

イリス <ビショップ>

ビショップは守護や回復を持つフォロワーが多いのが特徴です。
また、フォロワーを召喚する「アミュレット」を使用し、召喚を行いながら戦うクラスです。

防御寄りのステータスを持つフォロワーが多く、全体の行動として遅めになる傾向があります。

実際に使ってみた感想

イリス <ビショップ>

「カウントダウン」を持つアミュレットはややクセがありますね。

ですが、最近では「疾走ガルラビショップ」など、初動の遅れを取り戻しながら、そのまま押し切ってしまう強力で分かりやすいデッキも考えられており、おすすめです。

「エイラの祈祷」を手に入れたことで、非常に高い耐久力と攻撃力を兼ね備えることが可能になったため、猛威を奮っています。

ゴールドレアまでのカードがあれば、ある程度戦力を確保できるのも魅力でしょう。

おすすめ度

【おすすめ度】
 ★★★★

アミュレットのカウントダウンを仕組みさえ理解すれば、あとは出てきたフォロワーを駆使して攻撃する形のなので、分かりやすい部類かと思います。

まとめ

以上、初心者におすすめリーダーの使用感と考察をまとめてみました。

おすすめランキングとして、順位をつけるのであれば…

  1. エリカ <ロイヤル>
  2. イリス <ビショップ>
  3. ローウェン <ドラゴン>
  4. ルナ <ネクロマンサー>
  5. アリサ <エルフ>
  6. イザベル <ウィッチ>
  7. ユリアス <ヴァンパイア>

こんな感じでしょうか。

もちろん、この順位だからと言って最初に使っていけないというわけではありません。

今後、カードの追加や調整によって、リーダーを取りまく環境も目まぐるしく変わっていくでしょう。

実際に使ってみて、自分にあったリーダーを探してみてくださいね。

まだプレイされていない方はこちらから

iOS版
Android版

それでは!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でユビピカをフォローしよう!

SPONSORED LINK

おすすめ人気&関連記事

SPONSORED LINK